あなたは病気になったら、医者に行きますか?薬を飲みますか?
しかし、その前にすこし考えてみて下さい。病気を治してくれるのは本当にお医者様やお薬でしょうか?
例えば、骨折したときのことを考えてみましょう。よほどの複雑な骨折でない限り、ギブスで患部を固定し、あとは安静にするしかありません。その間 に、誰が骨をつないでくれているのでしょうか?
自分自身の力で骨をつないでいるのではないですか?

このように、私たちには自分の力で病気を治したり回復したりする力「自己治癒力」「自然回復力」といわれるすばらしい能力が備わっています。
私たちの体の中では、「がん細胞の卵」が毎日2,000〜3,000個も発生しているといわれています。しかし、「自己治癒力」のひとつである「免疫力」が高ければ そのがん細胞の卵を排除し、がんになることを未然に防いでくれます。
このように重要な役割をになっている「自然治癒力」ですが、それをコントロールしているのは脳です。しかし、意外なことに、脳は自分自身の身体のことが 分かっていないときがあります。

情報水とは、自分の身体の状態を水に転写し、それを飲むことで脳に身体の状態(情報)を伝えてくれる水です。情報水によって身体の不具合な状態を認識した 脳は、自然治癒力にその不具合の原因を取り除くよう命令することができます。

痛み、めまい、発熱、不眠といった症状は、何かしらの原因があって発せられているもので、それらの症状を抑えるだけでは解決にはなりません。 薬は、痛み止め・解熱剤・睡眠剤・下痢止めというように、一時的に症状を抑えるためのものですので、効き目が切れればまた症状はぶり返すことになります。 つまり、原因そのものを取り除くことにより症状を緩和させなければなりません。それが出来るのはあなた自身の力、「自然治癒力」だけに許されたすばらしい能力だといえます。

情報水にはもう一つの働きがあります。波動測定器を使って、自分の悪い情報をキャンセルする波動を転写した「波動転写水」としての働きです。例えば、免疫機能が 衰えていれば、免疫機能を高める波動を転写し、それを飲用することで免疫力の衰えが改善されるといわれています。

残念ながら、現代化学技術ではこの「情報水」「波動転写水」に関する科学的根拠を明らかにすることは出来ませんが、実際に情報水を活用し 病から回復した実例が数多く報告されています。